【買取相談はお電話でOK】TEL:03-6418-7203

時計用語辞典 コラムホイール式の解説

名前:
コラムホイール式
読み:
こらむほいーるしき
英語表記:
column-wheel system

コラムホイールを用いてクロノグラフ機構の動きを制御する仕組みのこと。
柱(ピラー)状の歯がついていることからピラーホイールとも呼ばれます。
上下2段に分かれていて、プッシボタンを押すと下側の歯が回転する仕組みになっています。
この回転に合わせて、上段の柱と柱の間にクロノグラフのレバーなどのパーツが乗ったり、落ちたりする動きによって、クロノグラフのスタート・ストップ・リセットすべての動作が制御されています。
一般的にコラムホイールは「引いて」回転させる仕組みのものが多く、基本的に操作感が軽いという特徴があります。
クロノグラフを作動させる仕組みとしては他に作動カム式があります。

同じ意味の別な言葉(類義語)は以下です。

  • ピラーホイール式  (ぴらーほいーるしき)  【pillar-wheel system】

腕時計専門の一括査定買取サービスご利用実績

みなさまが一括査定された時計の一部をご紹介しております。
もっと見る

カイトリマンではロレックス、パネライ、ブレゲ、ブライトリングなど様々なブランド時計の一括査定を行っています。高級な時計ほど、希少価値の高い時計ほど買取価格差が大きくなりますのでぜひ一度一括買取査定をお試しください。

※サービス利用規約により腕時計画像に関して著作権および利用権を弊社が保持しております。

あなたの
時計の買取り
例を探そう!

カイトリマンはこんなサービス

不正品への取り組み

  • カイトリマンをお友達登録すると、LINEから手軽に相場が聞ける!
  • カイトリマン公式Facebook 買取り価格が決まる要因ご存知ですか?
ページ先頭に戻る
【買取相談はお電話でOK】TEL:03-6418-7203