【買取相談はお電話でOK】TEL:03-6418-7203

時計用語辞典 ラ・ショー=ド=フォンの解説

名前:
ラ・ショー=ド=フォン
読み:
ら・しょー=ど=ふぉん
英語表記:
La Chaux-de-Fonds

世界的な時計産業の中心地。
「時計の帝都」とも呼ばれるほどで、ジラール・ペルゴ、タグ・ホイヤーなどが本社を置いています。 また、世界最大規模の時計の博物館である国際時計博物館(英語版)が設けられています。
コミューン自体の成立は1656年で、1780年以降に時計製造業、 レース製造業、金属細工などにより経済発展を遂げますが、1794年の火災で町の建造物群は一度焼失します。
その後計画都市として再建していく過程で、居住空間と時計工房は同じ建物の中で接近していき、20世紀初頭には工場とともに建物も特殊化していきました。 1900年、ラ・ショー=ド=フォンは世界の時計生産の実に55%を担っていたのです。

ラ・ショー=ド=フォンは2003年、国際産業遺産保存委員会(TICCIH)産業遺産の製造業部門に登録され、 2009年には隣接するル・ロックルの中心市街とともに「ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル、時計製造業の都市計画」の名でユネスコ世界文化遺産に登録されました。
現在、機械式時計の聖地と言われ観光地としても人気のスポットです。

腕時計専門の一括査定買取サービスご利用実績

みなさまが一括査定された時計の一部をご紹介しております。
もっと見る

カイトリマンではロレックス、パネライ、ブレゲ、ブライトリングなど様々なブランド時計の一括査定を行っています。高級な時計ほど、希少価値の高い時計ほど買取価格差が大きくなりますのでぜひ一度一括買取査定をお試しください。

※サービス利用規約により腕時計画像に関して著作権および利用権を弊社が保持しております。

あなたの
時計の買取り
例を探そう!

カイトリマンはこんなサービス

不正品への取り組み

  • カイトリマンをお友達登録すると、LINEから手軽に相場が聞ける!
  • カイトリマン公式Facebook 買取り価格が決まる要因ご存知ですか?
ページ先頭に戻る
【買取相談はお電話でOK】TEL:03-6418-7203