お問合わせはこちらまで9:30~18:30土日祝日除く03-6418-7203
HOME >  時計買取価格 >  買取価格が決まる要因

時計買取店が査定で考慮する5つの基準

時計の買取価格を決める要素はいくつもあります。 主な要因は相場など外からの影響と、買取店自身の経験、スキル、状況などが買取店個別のポイントがあります。ここでは買取店が買取時に気にする自社の問題をまとめてみました。

目次

買取業者の在庫状況

買取店が特定モデルの時計を非常に高く買取りをしていると同じ時計ばかりが集まります。まだ販売もできていないのに同じ時計の買取依頼が来たら どう思うでしょうか?「安ければ買ってもいい」と思うのが人の心理ではないでしょうか。
店舗が掲載する買取相場はいわばMAXプライス、毎回最高値ではとても買取りできません。 つまり1本目と2本目では同じ時計でも買取り価格が変わってくるのです。あなたが時計を売るタイミングで本当に買取したい店に売ることが非常に重要なのです。

時計の専門知識と経験

例えば日本でほとんど流通していない、海外で400万円程度で販売されている腕時計を買取店はいくらで買取するのでしょう。370万円?300万円?150万円?
高額腕時計経験が無いと怖くて高値では買取りできません。再販にどの程度時間がかかるのか、どのようなルートで販売ができるか予測できる 買取店でなければ高価買取りは不可能です。 経験と売り先が無い買取店は安全な買取価格、つまり安い買取価格でしか買取りすることはできません。 時計を買取する店は日本に数多くありますが、本当のプロフェッショナルはそれほど多くはありません。

時計店には得意ジャンルがある

時計店をよく観察すると、お店の品揃えに個性があることがわかります。時計は非常に種類が豊富な商品なのでお店ごとに個性を打ち出し、どのようなジャンルの時計を揃えるかを考えています。 例えば以下のようなジャンルがあります。

  • 低価格帯でファッション分野に近い時計
  • 中価格帯で若者向けの時計
  • 伝統的スイスブランドの高級時計
  • 外国人が好む派手なダイヤや貴金属の時計
  • クロノグラフを中心としたパイロットウォッチ
  • ダイバーズウォッチを中心としたスポーツウォッチ

お店によってはどのようなジャンルに強いのかわからず、なんでも高く買取します、というお店も多いですが、実際には自社で高額買取できる時計とそうでない時計というものがあります。 また、査定を行うスタッフの好みなどが金額に影響することもあります。

再販までにかかるコスト

買取店が時計を買取してから再販するまでにはコストがかかります。一般的にかかるコストは以下のものです。

  • 修理・メンテナンス費用
  • 取扱い人件費
  • 広告宣伝費(雑誌、ネット、各種媒体)
  • 販売手数料(EC、業販)
  • アフターフォロー費用

故障した時計を再販する場合は、修理にどの程度お金がかかるのかの判断がお店によって変わってきます。 また、アンティークなど古い時計であると、販売後に修理対応などのアフターフォロー費用をしっかりと事前に計算しておく必要があります。一般的に買取から再販までに時間がかかると、広告宣伝費や販売手数料、人件費が増えてきます。

同じ買取店でも店舗によって買取価格は変わる

複数の店舗を持つ会社の場合は、店舗によって時計の買取価格は変わってきます。
ブランド時計は種類が非常に豊富なことが特徴で、現行商品だけでなく過去に販売された時計の種類を考慮にいれると気が遠くなるほどの種類の時計が世の中には存在します。また中古品はそれぞれ、少なからずなんらかのダメージを受けていますので、買取をした後に再度販売するには、どの程度のコストがかかるかは時計ごとに変わってきます。
そのような理由により、買取店で査定をする人は、自社での販売実績、外部の業者買取相場、メーカー販売価格、楽天やヤフーなどのネット販売価格などを参考にしながら自分で買取価格を決定します。
同じ看板の買取店であっても店舗が違えば査定する人は当然変わりますので、買取価格は変わります。

同じ買取店でも査定担当者の決裁権限によって買取価格は変わる

査定するお店(人)が変わると買取査定の価格も変わることは説明しましたが、査定担当者の決済権限により買取価格が変わることがあります。
例えば小規模な時計店の場合、店長と、接客担当者という2種類の役職があるとします。店長は接客担当者に「買取においては通常20%※の適正利益を確保するように仕入れを行いましょう」などと社内での取り決めを作ります。(※目標とする利益率などは当然会社によって変わります)

接客担当者による買取価格設定の思考

接客担当者は予測する販売価格から利益が20%あがるように逆算し、買取価格を決めます。
時計を売るお客様にとっては買取価格はもちろん高いにこしたことはありませんが、時計店の担当者にとっては安すぎるとお客様は時計を売ってくれませんし、高すぎると利益がでないので、店長に叱られてしまいますので、その絶妙な価格はどこかを気にしながら買取査定を行います。

店長による買取価格設定の思考

店長と接客担当者とでは思考が異なります。お店として利益率の目標を掲げながらも、店長は利益を1円でも多く稼ぐことが必要になります。そのため、査定時の買取価格の設定は基本的に「利益をあげられるか」というシンプルに考えを元に行われます。
お店としてはもちろん安く時計を買取できれば利益は増えますが、買取価格が安いとお客様がそもそも時計を売ってくれません。
最近はお客様はインターネットで様々なお店にも相見積もりを当然とります。都心部のお客様であれば何店舗も自分の足で買取店を回る人もいらっしゃいます。 そのような環境の中、お店の店長はお客様の希望金額をなんとか超えて買取を成立させ、利益を出すことを考えます。 場合によっては買取をした値段があまりにも高くて、結局利益が殆ど出せないということもありますが、全体としてはもちろんお店の利益に貢献します。

業者オークションで時計を査定するのは店長思考の人

時計の業者が売買をしたり競い合い入札する業者オークションには店長思考の人が参加します。実際の肩書は様々ではありますが、決済権限をもっているという意味では会社の大きな仕入れを任された人と言えます。 業者オークションは、利幅が薄く競争が熾烈ですので、できるだけの高値を付けないと買取をすることはできません。
カイトリマンの一括査定も、複数の業者が参加する業者オークションですから、店長思考の人が査定に参加し高値で入札します。

不安がある時計は買取しない

買取店がとても気にする事の1つが偽物時計の存在です。
万が一偽物を買取してしまった場合、その損害は甚大なものとなります。一般的にどこの買取店でも採用されている時計買取に関する原則のひとつが「疑わしい時計は買取しない」というものでしょう。
買取店がどのような事に不安を覚えるのか、以下の記します。

  • 時計そのものに違和感を覚える
  • 時計の一部分が本物でないと感じる
  • 見たことのないモデルの時計
  • 時計を査定に持ち込む人がやたらと喋りかける
  • 最近同じような時計の査定が増える

買取店は偽物の時計を買取しないように細心の注意を払いますので、上記のポイントに該当する場合は、査定金額を出すことを止めたり、減額したりして、リスクを回避します。
カイトリマンの一括査定においては、所有者に関する情報は公開されないため、査定店は時計そのものの査定に集中します。また、本物ではない疑いのある時計に関しては、その情報を複数の買取店と共有し、間違った時計を買取しないようにしています。