【買取相談はお電話でOK】TEL:03-6418-7203

時計用語辞典 バックルの種類について

時計の留め金部分の様々な形式をまとめました。

バックルの種類には
以下のものがあります。

  • 二重ロック式 (にじゅうろっくしき) / double lock system

    片開き式のバックルの開く部分に、更に留め金が付いている形になっています。
    これにより二重にロックができ、バックルが解除されにくくなっています。ブライトリングなどがこの形式のバックルをよく採用しています。
    ダブルロッククラスプとも言います。

    更新日: 2013年08月29日

  • 片開き式 (かたびらきしき) / fold over clasp

    この形式はロレックスで多く採用されています。オメガなどには、バックルを開閉させるためのプッシュボタンが付いているものもあります。

    更新日: 2013年06月26日

  • 両開き式 (りょうびらきしき) / double folding clasp

    バックルの接合部分が両側に開くタイプのバックルです。開閉のためのプッシュボタンがついていることが多くなっています。またバックル部分が隠され、ブレスと一体的なデザインとなっているタイプのものもあります。カルティエの各モデル等で採用されています。

    更新日: 2013年06月28日

  • 穴留め式 (あなどめしき) / pin buckle

    ベルトに開いた穴に尾錠を通して腕時計を装着するタイプのバックルの形式です。 これが革ベルトを採用している各モデルでは一般的な種類のバックルとなっています。

    更新日: 2013年08月21日

あなたの
時計の買取り
例を探そう!

カイトリマンはこんなサービス

不正品への取り組み

  • カイトリマンをお友達登録すると、LINEから手軽に相場が聞ける!
  • カイトリマン公式Facebook 買取り価格が決まる要因ご存知ですか?
ページ先頭に戻る
【買取相談はお電話でOK】TEL:03-6418-7203