ロレックス GMTマスター 16700
買取り価格・買取り相場

ロレックス買取り強化キャンペーン実施中!

ロレックス 16700

ロレックス 16700

ロレックス GMTマスター 16700
スペック

型番 16700
モデル GMTマスター
ケース直径 40.0mm
ムーブメント Cal.3175
ケース素材 SS
その他スペック ロレックス初のパイロット・ウォッチ、GMTマスター。 GMT針とベゼルを組み合わせることにより2つのタイムゾーンを同時に視認することが出来ます。 ベゼルが単色だけでなく、ツートンカラーのタイプがあるのもこのモデルの特徴です。 青/赤ベゼルは根強い人気があります。 ベゼルカラーに関しては、日本にて交換可能です。

ロレックス GMTマスター 16700
"一括査定" 参考買取り価格・買取り相場

中古Aクラス 未使用
650,000円 ASK
  • 一括査定では複数の買取店が査定に参加し最高値を決定します。この参考価格は買取を保証するものではありません。
  • 型番「16700」に限らず、ロレックスの時計買取価格は、査定店の在庫状況、タイミングなど買取店ごとの買取基準により変動します。為替やメーカーの価格変更などの要因によっても変動します。

カイトリマンの"無料"一括査定とは?

カイトリマンが提供する一括査定は時計の実物を扱うというところが大きな特徴です。お預かりした時計を一本ずつ丁寧に鑑定します。
そして、複数の時計買取店が、競い合って査定するので1番高い金額で取引可能です。
一般的な買取相場より高値がつくこともあります。

一括査定を詳しく知る


ロレックス 16700に関連した型番

型番 型番解説
16750 1981年~1989年製造のGMTマスター
16710 1990年~2007年製造のGMTマスターⅡ
116710LN 現行型セラミックベゼルのGMTマスターⅡ黒
116710BLNR 現行型セラミックベゼルのGMTマスターⅡ黒青
1675 1960年代~1970年頃 ロレックス GMTマスター I

ゼンマイ切れで不動の時計や、
ガラス破損ベルトなしでもお値段がつきます。
お気軽に査定をお申込みください。

ゼンマイ切れ、ガラス破損、ベルトなしの時計でもお値段がつきます。

ロレックス GMTマスター
ご利用者様の感想・評判

現在621

5店舗の一括査定で、各店舗の買い取り価格が提示され、最も高い店を選ぶことができるのがとても良いシステム

利用は今回で2回目となりますが、いつも迅速な対応をしていただきありがたく思います。5店舗の一括査定で、各店舗の買い取り価格が提示され、最も高い店を選ぶことができるのがとても良いシステムです。以前、他の店舗数ケ所で査定してもらったことがありますが、いずれの店もカイトリマンの査定価格にはほど遠い額でした。以上のことから迷わず安心できるカイトリマンに決めています。

GMTマスター買取
長野県 男性

査定までは多少の時間がかかりましたが、金額も非常に満足しています。

夏休みをはさんだので査定までは多少の時間がかかりましたが、金額も非常に満足しています。
振り込みも決定後、中1日での振り込みでしたし、100点満点だと思います。

GMTマスター買取
広島県広島市 男性

他社より一割up

今回は売却しました
某買取店より、約一割程度upしていました。

GMTマスター買取
千葉県流山市 男性

ロレックス GMTマスター
買取り実績

ベゼルが色あせてピンクになっても大丈夫です!

ロレックスの航空ウォッチ、GMTマスター。
2つの時刻帯を表示出来るという航空機のパイロットのために開発された時計です。
デザイン面においてはロレックスで唯一のツートンカラーのベゼルを採用しています。
元々はブルー/レッドのカラーリングですが、レッドが褪色してピンク色になっています。
16700でここまで褪色しているのは珍しいです。
このモデルのアンティークタイプをかつて、チェ・ゲバラが愛用していたことも有名です。

16700詳細1
16700詳細2

ベゼルの退色した16700をお売りいただきました。

GMTマスターII の登場により廃盤となったGMTマスターI の最終モデル。メンテナンス性と安定性に優れたムーブメントに変更され、風防にはサファイアクリスタルが採用されている。GMTマスターI だけのカラーリングだった「黒」と「赤青」ベゼルは、生産終了に伴いGMTマスターII(Ref.16710)に継承された。
大人気ロレックスの売却をご検討中であればカイトリマンをお試しください。多くの買取店を廻らずとも、カイトリマンに集まる最大8社の有力バイヤー達があなたの時計を競って入札します。円安傾向の今は新品の定価が高いので、ユーズド品も価格の上昇傾向が続いています。今こそ売却の絶好機です。

16700詳細1
16700詳細2

安定した高価格でお買取り

1990年から製造されたGMTマスターI/Ref.16700は、1983年より登場したGMTマスターII の影響で1999年に生産終了となったGMTマスターI 最終モデル。前モデル(後期型)からのデザイン的な大きな変更はなかったが、搭載ムーブメントがシングルブリッジのCal.3075からツインブリッジのCal.3175に変更され安定性とメンテナンス性の向上が図られた。このCal.3175は、Ref.16700のために開発され、同モデルの生産終了に伴い廃盤となった専用ムーブメントである。ブレスレットに関してもシングルロックだったバックルが1995年頃よりダブルロックに変更され、より実用性がアップした。 機能面ではGMTマスターII に軍配が上がるが、カレンダーのクイックチェンジ機能を備え操作性に優れるGMTマスターI は、今なお根強い人気を誇っている。また、近年の2トーンカラーベゼルの人気上昇により、同モデルも今まで以上に注目を集めている。
円安で現行品定価が上がっていることと、外国人バイヤーが日本のユーズド品を買い集めている影響でロレックスのスポーツモデルは買い取り価格が上昇しています。売却をご検討中であれば、チャンスを逃さず今すぐカイトリマンへご依頼ください。

16700詳細1
16700詳細2
16700詳細3
16700詳細4
16700詳細5
16700詳細6

栃木県佐野市から宅配買取いたしました。

航空機のパイロットのために開発されたロレックス・GMTマスター。 サブマリーナによく似たフォルムですが、防水性能をおさえ24時間系を搭載しています。 ダイヤル内で目に付くレッドの針が24時間計になります。 ベゼル操作を組み合わせることにより2つの時刻帯を確認可能です。 青と赤のツートンカラーのベゼルもこのGMTマスターの特徴です。 このモデルの旧式をかつてチェゲバラも愛用していました。

16700詳細1

赤青ペプシカラーのGMTマスター16700を買取!しました!

現在は生産を行なっていないGMTマスター。 現行のGMTマスター2とは異なり、2つのタイムゾーン表示モデルです。 カラーは、Ref.1675を彷彿とさせる赤青ベゼル。 通称ペプシとも呼ばれるGMTマスターの中でも特に人気の高いカラーです。 経年変化での褪色が発生し赤がピンクになっていますが、綺麗に褪色していたためマイナス査定にはなりませんでした。

16700詳細1
16700詳細2
16700詳細3
16700詳細4
16700詳細5

傷の少ない黒赤ベゼルをお買取り

ロレックスの航空モデル、GMTマスター。 モデル名の通りGMT機能(24時間計)が搭載されている時計です。 回転式ベゼルと組み合わせて操作することにより、 最大で2つのタイムゾーンを表示する事ができます。 ロレックスで唯一のツートンカラーベゼルは昼夜の判別を容易にするために採用されました。 GMTマスターのアンティークモデルを数々の著名人が愛用していたことはあまりにも有名です。 サブマリーナと並ぶ、ロレックスの人気スポーツモデルです。

16700のUシリアルモデルをお買取りしました。

ロレックスのパイロットウォッチ、GMTマスター。
ベゼル操作により2つの時刻帯を同時に表示することが出来ます。
赤色のGMT針が目を引きます。
いわゆるGMTマスター1と呼ばれる旧式モデルです。
16710の発売により生産終了となりました。
GMTマスター1は旧型も人気が高く買取において高値が期待出来ます。

川崎市からのお買い受け(黒x黒ベゼル)

ロレックスの航空ウォッチ、GMTマスター。
同時に2つのタイムゾーンを表示可能なGMTウォッチです。
ロレックスのスポーツモデルの中でもサブマリーナと人気を二分する時計です。

ロレックスの主な買取モデル

あなたの
時計の買取り
例を探そう!

カイトリマンはこんなサービス

不正品への取り組み

  • カイトリマンをお友達登録すると、LINEから手軽に相場が聞ける!
  • カイトリマン公式Facebook 買取り価格が決まる要因ご存知ですか?